残業0へ☆夢を叶える時間術

30代病院勤務・管理栄養士が、夢を叶える時間節約術を日々考案・実践し、分かりやすく説明しています。私の実践する時間術を使って仕事の効率を上げれば、残業が0になります。空いた時間で、家事や育児を余裕をもって行えたり、資格取得や副業をして収入アップも叶えられます。

NST専門療法士試験勉強方法【過去問あり】単位取得の際のポイントも掲載!

f:id:maruimo:20190202230933j:plain

こんにちは♪『まるいも』です。

ご訪問ありがとうございます。

 

NST(Nutrition Support Team=栄養サポートチーム)専門療法士の資格についてと、私が受験した際に行った試験対策や勉強方法について記事にしていきたいと思います。

 

 NST専門療法士について

NST(Nutrition Support Team=栄養サポートチーム)とは?

医師・歯科医師のほかに、管理栄養士・看護師・薬剤師・臨床検査技師・言語聴覚士・理学療法士・作業療法士・歯科衛生士などの他職種が協働して、入院中の低栄養患者さんに対し、疾病の治療や栄養補給法についての検討を行い、より良い栄養管理を行っていくチームのことです。

 

NST専門療法士とは?

 

一般社団法人 日本静脈経腸栄養学会が試験を行い、認定している資格になります。資格試験を受験するには以下の条件を満たしている必要があります。

 

(1)日本国の以下に掲げる国家資格を有すること。
認定対象国家資格:管理栄養士、看護師、薬剤師、臨床検査技師、言語聴覚士、理学療法士、作業療法士、歯科衛生士、診療放射線技師

(2)当該国家資格により5年以上、医療・福祉施設に勤務し、当該施設において栄養サポートに関する業務に従事した経験を有すること。

(3)本学会学術集会に1回(10単位)以上、本学会主催のNST専門療法士受験必須セミナー(旧 JSPEN臨床栄養セミナー、コ・メディカル教育セミナー10単位)に1回以上参加することを必須とし、この単位数を必須単位数とする。必須単位数30単位以上を有するか、または、必須単位数に加え、本学会が認める栄養に関する全国学会、地方会、研究会への参加単位数の合計が30単位以上あること。なお、「バーチャル臨床栄養カレッジ」修了証については非必須10単位を認める。

(4)第4章の規定により認定された認定教育施設(以下、認定施設)において、合計40時間の実地修練を修了していること。

(5)上記(1)から(4)までの条件を満たした後、認定のための試験に合格していること。

一般社団法人 日本静脈経腸栄養学会HPより引用

 

認定までの流れと注意するポイント

 ①日本静脈経腸栄養学会が主催する、単位取得条件に必須である、学術集会・NST専門療法士受験必須セミナーに参加する。そのほかにも、単位がもらえる地方会や研究会があるので参加し、合計30単位を集める。

【注意するポイント】

学術集会は毎年1回、2月に行われていて、事前申し込み及び当日申し込みも可能で、定員はありませんので、学術集会に参加しての10単位は比較的簡単に取得できると思います。

問題はNST専門療法士受験必須セミナーです。日本静脈経腸栄養学会が年4回開催していますが、人気のため募集案内が出るとすぐに埋まってしまいます。NST専門療法士の資格を取ろうと決意したら、なるべく早く受講してしまいましょう!申し込み当日はクリック合戦になるので、勤務中でも頑張ってサイトにアクセスすることをおすすめします。

そのほか、地方会や研究会は2単位の取得が出来るものと、5単位の取得が出来るものに分かれています。また、認定期間が終了してしまうものがありますので、自分が取得した単位が申請の際に有効なものか、学会HPで確認し、単位不足にならないように気をつけましょう。

② 認定教育施設において、計40時間の実地修練を行う

【注意するポイント】

仕事をしながらNST専門療法士の資格を取ろうとすると、非常にネックになるのがこの実地修練です。

 

日本静脈経腸栄養学会から「NST稼働施設」および「学会認定教育施設」の認定を受けている施設に、各施設が定める5~8日間の期間、計40時間通う必要があります。

 

だいたい月曜~金曜の平日5日間×8時間で40時間としている施設が多いので、自分の勤務先に休む許可を取らなければいけません。自分の勤務先が、NST加算算定のために、資格取得に協力してくれれば良いのですが、そうでない場合は早い段階からの交渉が必要かなと思います。

 

また、実地修練を行っている教育施設が地域によっては少く、定員がすぐに埋まってしまうので、各施設のHP等を確認し、どんどん問い合わせを行うことをおすすめします。施設によっては、病院勤務5年が経過していて、30単位を集め終わっていて、あとは実地修練を受けて症例を書けば試験を受けられる状態の人を優先的に受けている所もあるので、相談してみるのも良いかもしれません。

 

その40時間の間に、NST専門療法士の認定試験申請の際に必要な、その施設において携わった静脈経腸栄養管理中の患者に関する1,600字以内の症例報告を書くことになります。症例報告は提出すれば何でもよい訳ではなく、選考委員の先生方が一つ一つに目を通して審査しているので、しっかり書く必要があります(症例報告の書き方については別の機会にまとめようと思います)。

③認定試験の受験申請書と必要書類を専門療法士認定制度委員会へ提出する

【注意するポイント】

学会・研究会の参加証は、学会名・氏名記入の部分が必要です。下の領収書部分のみでは申請しても受理不可となります。また、原本の提出が必要なので、コピーを取って手元に残しておくのが良いと思います。

④認定試験を受験する

⑤認定試験に合格し、認定申請書の送付と認定料の納入が完了すると、NST専門療法士と認定される

 

 NST専門療法士試験対策・勉強方法

試験の難易度

栄養関連の問題なので、他の職種に比べると、普段から経腸栄養や静脈栄養のことを業務で行っている管理栄養士は有利かと思いますが、はっきり言って難しいです。

生化学・臨床栄養学・静脈栄養の速度や投与量について・病態別栄養管理などなど。資格受験の時は、管理栄養士国家試験を受けてから5年以上が経過しているはずなので、一から勉強するつもりで本腰入れてやった方がいいと思います。

 

試験対策

試験対策は、日本静脈経腸栄養学会が編集しているハンドブックやガイドラインの確認を行うこと、過去問題集を繰り返し解くこと、管理栄養士国家試験の生化学や臨床栄養学の問題を解いてみるのも良い勉強になります。

 

●日本静脈経腸栄養学会 静脈経腸栄養ハンドブック

臨床を理解するうえで必須の基礎的分野(解剖、生理、生化学、代謝)に重点をおいて解説してある参考書。NST専門療法士を目指すなら必携です。

 

●静脈経腸栄養ガイドライン

栄養療法を行う際のガイドラインをまとめた1冊。エビデンスをもとに推奨度分類がされており、推奨度が高い項目については暗記して試験に臨むことをおすすめします。

 

●日本静脈経腸栄養学会認定試験 基本問題集

静脈経腸栄養ハンドブックに基づき、62問の基本問題を掲載。

過去には、解説部分から高頻度で出題されているため、問題を解くだけでなく、解説をきちんと読み込むことをおすすめします。

 

●一般社団法人 日本経腸栄養学会 NST専門療法士認定試験 過去問題集Ⅰ

実際に出題された過去問題の中から、厳選した66題を掲載しています。

 

●2019管理栄養士国家試験過去問解説集〈第28回‐32回〉5年分徹底解説

上記の問題集を解き終わり、時間に余裕があれば、管理栄養士国家試験の生化学・臨床栄養学の過去問もチェックしておくとよいかもしれません。

 

私が行った勉強方法

①静脈経腸栄養ハンドブックを読み、自分なりにノートにまとめていく

レニンによる血圧上昇の仕組み、尿素回路、グルコースの代謝経路(TCAサイクル)、解糖系回路、クエン酸回路の異化反応と同化反応、糖新生の経路などは⇩の写真のように、ノートにまとめて繰り返し書いて覚えました。

f:id:maruimo:20190203233041j:plain

あとは、酸・塩基とかも苦手だったので頑張って覚えましたね。

各臓器の部位や働きはマストですし、まぁとにかく範囲が広いので、必死でした。仕事と勉強、家事もあったので、当時はストレスで髪の毛がかなり抜けました(笑)

 

NST専門療法士受験必須セミナーでもらった冊子を確認

NST専門療法士受験必須セミナーでは、学会が作成した参考資料が配布され、それに沿って講師の先生が講義をします。静脈経腸栄養ハンドブックの内容に沿っていますが、試験に出る重要なポイントをお話してくださっていますので、こちらの冊子も繰り返し見直して勉強していました。

 

③静脈経腸栄養ガイドラインの前半の、項目と推奨度ランク付けが表に記載されている部分をコピーして丸暗記

 

④NST専門療法士の問題集・過去問、管理栄養士国家試験の生化学・臨床栄養学の過去問を解く

NST専門療法士の試験では、管理栄養士国家試験の過去問より、難しい問題が出題されるはずだと思ったので、管理栄養士国家試験のレベルを確認するために、解いてみました。NST専門療法士試験は症例問題が必ず出題されるので、管理栄養士国家試験の臨床栄養学の症例問題は解いておいてよかったと思います。

 

実際に出題された問題 (覚えている範囲)

  • 胃の部位
  • 膵臓の位置
  • 必須アミノ酸を選べ
  • 小児に必要なアミノ酸はどれか
  • 嚥下の咽頭期はどんな運動をしているか
  • クエン酸サイクルに関連するものを選べ
  • NPC/N比を計算せよ 糖質80g タンパク質25g 脂質20g
  • 呼吸性アシドーシスの際に変化するものを選べ
  • 脱水症の症状について正しいものを選べ
  • ミネラル製剤に入っていないものを選べ
  • TPNに用いられる輸液の糖質はどれか選べ
  • CRPについて正しいものを選べ
  • 胆汁の生成と分泌について正しいものを選べ
  • アルブミンの半減期について間違っているものを選べ
  • 糖新生に利用されないアミノ酸は何か
  • 症例:短腸症候群 回腸が残存しているとき欠乏しないものはどれか
  • 症例:急性膵炎患者の栄養管理について

 

NST専門療法士認定試験に合格した後

試験勉強はとても辛かったですが、勉強したことって、当たり前ですがとても役に立ちます。日頃の業務で経腸栄養プランや静脈栄養プランを自信をもって主治医に提案できるようになりました。また、学会に参加して最新の臨床栄養の知識を得ることもとても刺激になります。今後は自分でも学会で研究発表が行えるように自己研鑽していきたいと思います。

合格後に転職活動をしましたが、NST専門療法士の資格をもっていることについて面接で質問されることが多く、興味を持ってもらえる場面があったので、転職活動の際には、管理栄養士以外にも何か資格を取るということは大きな強みになると思います。

 

※資格取得にかかる費用等については、一般社団法人 日本静脈経腸栄養学会(JSPEN)HPをご確認ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。